福岡市博多区井相田3丁目7番12号

取扱商品


      


避雷器(サージ保護デバイス)のJIS規格(JIS C 5381-1)は、性能に関しては複数の性能レベルを規定しているのみ であるため、どのレベルが有効かはユーザーサイドにて判断し、選択しなければならないのが現状です。

よって、
「JIS規格対応」の避雷器が全て有効な保護性能を有するとは限らないことに注意しなければなりません。
また、インパルス電流Iimpの大きさは、サージ防護デバイス自身の放電耐量であって
保護性能の高さではないこと にも注意が必要です。

より確実な耐雷対策を実施していただくためにも、
直撃雷、誘導雷、接地雷の全てに対して有効な保護性能を有する
エネルギー減衰方式
の高速回線避雷ユニット
による耐雷対策をご提案いたします。


 
 直撃雷サージに対応

直撃雷波形(10/350μs)にて、1線あたり25kAのサージ耐量。

※2P型では50kA、3P型では75kA

※1線あたり50kAタイプも製造可能ですので、ご相談下さい。



   


 サージエネルギー減衰方式とのハイブリッドを実現

  

●雷サージ電圧を1kV以下に制限。 従来のサージエネルギー減衰方式との複合により、より高い保護性能を実現。




    


 各種安全対策も万全

●万が一、避雷ユニットに故障が発生した場合も給電系統への影響を防止する機 能を有します。


●避雷ユニットの異常を外部出力。遠隔地でも迅速に異常を検知。

●稼働状態や異常発生を表示します。




 

 ※図をクリックすると拡大します

サージ減衰能力の評価方法 構造と動作原理




避雷器・雷害についてのQ&A集はこちら



 高速避雷器 | 直撃雷対応 高速避雷器 | 耐雷システム