福岡市博多区井相田3丁目7番12号

電子防錆

電子防錆システム 〔ラストアレスター〕




 

ラストアレスターは、電子の働きでサビをおさえる電子防錆装置。
数種のパーツを取り付けるだけで、長期間効果を持続します。

ラストアレスターの防錆原理は、サビの発生を原因である金属の電子が水などに奪われることによる酸化反応に電子を補充してサビをおさえ、装着物の耐用年数を延ばします。

また、塗装の劣化も抑えるため、塗装の輝きをいつまでも保つ効果があります。



システム

ラストアレスターは、電源から電気をユニットで制御してアノードに送ります。
アノードに水分が付くとその水分を通して電気が流れ、塗装に無数に開いているピンポイントと呼ばれる小さな穴や傷から金属に伝わり電子を補充します。



   



コストメリット

塗装の耐久性は、使用される環境によっても変わりますが、通常の塗装では2年~5年位と言われています。
塗装だけの場合は一定期間毎に塗装の塗り変え費用がかかります。
ラストアレスターを装着した場合は塗装の耐久性が向上するために塗装の塗り変え費用を1回または2回分軽減することが可能です。


   



サビを押さえる

防錆範囲が広く、寿命をグーンと延します。サビは金属の持つ電子が水や塩分などの電解質に奪われることから発生します。
ラストアレスターは、
金属から奪われた電子を外部から補充してサビの発生をおさえます。


 

海の近くの貯水タンクで同一時期に塗装を塗り替えましたが、左のタンクには2年前にラストアレスターを取り付け、右のタンクには取り付けませんでした。 ラストアレスターを装着したタンクはサビも殆ど無く、塗装のツヤも失われていません。



   


長期の効果

半永久的な効果で、3年間の製品保証付き
電気的防錆ですので故障や電源を切らない限り作動しつづけ、消耗部品の交換により半永久的に効果を持続します。



   


塗装を守り、輝きを保つ

光沢を保ち、塗り替え時期を延ばします。塗装の劣化は塗装面に無数にあるピンポイントと呼ばれる小さな穴や傷から水分が浸透して酸化することが原因です。そのピンポイントや傷に電子を送り込み、塗装の変質を抑えます

   


効果は実証済

数々の試験で効果を実証し、車メーカーの純正品としても採用されています。
鉄道会社・道路公団・電力会社・バス会社・運送会社・自衛隊・公官庁などで採用され、効果が実証されています。
日本防錆技術協会の試験でも効果を証明されています。


   

無公害

無公害で取り付けが簡単です。薬剤やケミカルを使用する吹き付け防錆は作業者の健康を害したり、作業場を汚し、しいては地球環境を汚すものもあります。
電気的な防錆ですので人体や環境に害を与えません